2016年 09月 28日
ドウン・ドット Don't Burm 焼いてはいけない
 例年開催されているアジアンパーテイの一環としてFukuoka Asia Film Festival 2016が、福岡アジア美術館で9/22~9/27まで見る機会の少ない映画が上映されました。
(Asian Partyは、福岡市で9月から10月にかけて開催される、「アジア」と「クリエイティブ」をテーマとした様々なイベントの総称体です。)

特別上映は日本・ベトナム国交樹立40周年記念作品として「ドウン・ドット」です。
原作は「ダン・トウイー・チャムの日記」、1970年ベトナム戦争で殉死した女性医師が、生と死の間で過ごす中、溢れる感情を綴った日記を、アメリカ情報部員が持ち帰り35年後出版され、その後母親の元に返された実話からです。
題名は爆破された野戦病院で日記を見つけ、感動して読み続ける南ベトナム兵士から受け取り、日記を火の中に投げ入れようとしたアメリカ兵を止めた南ベトナムの兵士の発した言葉。

e0017683_1994971.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-09-28 19:14 | 映画 |TOPに戻る
2016年 09月 06日
Truth ニュースの真相
主人公メアリー・メイプスの自伝の映画化であり、報道現場の緊張した雰囲気が全編を満たしています。
アメリカ大統領選の駆け引きは知略を巡らし、高度な作戦が勝利をもたらす。
ジョージ・W・ブッシュは第1期のアルバオート・ゴア戦は不可解なわずかな獲得数で勝利し、
第2期のジョン・ケリー戦はこの映画で描かれているように、TVを利用し疑惑を消し去った。
これらから彼には凄腕の参謀が暗躍し、勝利をもぎ取っています。
ゴアが大統領になっていたら、世界は大きく変わっているでしょう。

今回のクリントン対トランプ戦も同じような、いえより過激な闘争でしょう。

真実を映画化する国民性には感嘆します。

e0017683_1055074.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-09-06 10:05 | 映画 |TOPに戻る
2016年 08月 26日
Un tango mas ラストタンゴ
連日35度を前後する猛暑に、早く秋をと願いながら観たこの映画の、
爽やかな女性の生き方に暑さを忘れました。
素晴らしい踊りとタンゴの名曲が全編を流れ、沿うように二人の愛憎の50年が語られます。

タンゴを極める二人の尊敬し合う心と、男女としての愛は同居せず、男はそれでも彼女以外の踊り手は
いないと踊り続ける。
女は愛に答えてくれない彼を憎みながらも、抱擁し合いながら踊る50年、、
お互いに83歳80歳と年齢を重ねた今、タンゴを芸術に高めたことを悟った笑顔は素敵でした。

何かにのめりこむ、夢中になる、全てを注ぎ満足した充実感、これこそ人生の喜びでしょう。

この写真は全盛期のマリア・ニエベスとファン・カルロス・コペス 伝説のタンゴダンサーです。

e0017683_23105357.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-08-26 23:11 | 映画 |TOPに戻る
2016年 06月 14日
風に立つライオン
今頃と言われそうですがBSTVで偶然見て、とても感動した映画です。
さだまさしがこの歌を書いたのは1987年で、この歌詞の内容は医療関係の方々に愛され、
共感した若者を僻地医療・巡回医療へと導いた歌です
モデルはさだまさしの父親の友人であり、家族同士の長い付き合いをしている医師で、
彼がアフリカでの医療活動を語る素晴らしさを聞くたびに、尊敬と憧れがこの歌の誕生となったそうです。
映画化は2015年俳優の大沢たかおの強い奨めで、彼を主役に東日本大震災とアフリカを描いています。
三池崇史監督は長崎の離島医師家族の地道な医療と、
アフリカ医療に従事する二人の若い女性を爽やかに描き、真珠の輝きを思い起こさせました。

昔日、青年海外協力隊で南米に行きたかった懐かしさで一杯になり、涙ぐんでしまいました。

e0017683_11492075.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-06-14 11:44 | 映画 |TOPに戻る
2016年 05月 19日
マクベス
オーストラリア出身の新鋭監督ジャスティン・カーゼルの作品です。
期待して観ましたが、ポランシキー監督のマクベス同様、暴力的でマクベスの野心と心の弱さ、迷い
がわかりにくく、またマクベス夫人が主君殺しを囁く場面は良かったが、後半挫折感と恐怖で狂乱する過程はわかりにくいですね。
e0017683_1754553.jpg


やはり黒澤明の「蜘蛛の巣城」に勝るマクベスはありません。
映像美とセリフの判りやすさ、適格な俳優の演技、能から描かれる舞台装置など素晴らしいです。
マクベス夫人が消えぬ血痕を洗いつづける場面は凄いですね。彼女の不安な慄きを的確に表現しているのではないでしょうか。

e0017683_1751050.jpg
e0017683_17512691.jpg
[PR]

# by akikohervy | 2016-05-19 17:51 | 映画 |TOPに戻る
2016年 05月 19日
殿 利息でござる
 わかりやすい歴史の話で人気の磯田道文の「無私の日本人」の映画化です。
歴史学者とは、歴史を後世に残すべく、叙述(文章化)する人のことである。 また、残された史料を元に歴史を研究し、その成果を論文や著作として著す人の事も指す。とありますとおり資料を良く租借して話す解説はTV・本で人気を得ています。
杉浦日名子さんは江戸風俗研究家として、漫画で人気を得ていましたね。

 気になったのは、商人が侍言葉で話していますが、時代考証を磯田さんcheckしたのでしょうか。
農民が逃げていく伊達藩の商人ですから、衣装も家も粗末ではと
e0017683_17135756.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-05-19 17:15 | 映画 |TOPに戻る
2016年 05月 08日
revenant 甦りし者
 原作者マイケル・パンクは現在、世界貿易機関(WTO)のアメリカ大使また弁護士で、小説を書いてしまうほどのアウトドア好き、米通商代表部の政策アドバイザーを務めというオバマ政権の重要ポストにいます。
 実在の英雄ヒュー・グリスはアメリカ西部開拓時代のヒーローとして、映画・本に何度も描かれています。
レオナルド・ディカプリオが悲願のオスカーを受賞、監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)
撮影賞(エマニュエル・ルベツキ)またゴールデングローブ賞を重ねて受賞と他多くの受賞を獲得した話題多くの映画です。
 159分の長い作品で最初から最後まで、荒野で原住民インデアンの襲撃を恐れながら、生きるために極寒のなか、ビーバーの毛皮を捕るために這いずり回る男たちだけです。
圧巻はグリズリーとの闘いのシーンです。凶暴な野生動物の動きがリアルに映されています。
調べますとCGでした。がとても迫力があり、思わず退いてしまいました。

ディカプリオは、亡き妻の思い出と生きがいの息子を愛する素朴で貧しい男を、そのまま演じています。
しかしカメラの素晴らしさがこの映画の成功の基ではないでしょうか。
人間の歴史は強いものが弱いものを滅ぼし征服する、この繰り返しですね。

画面のなかで巨大な三角の遺物?が写されていますが、調べてみますとバッファローの頭蓋骨を
積み重ねたものでした。
多くの野生の動物が殺され、人間の繁栄を築いたのですが、考えると今現在も多くの動物を食し
ているのが私たちです。
e0017683_11173180.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-05-08 11:17 | 映画 |TOPに戻る
2016年 04月 22日
spotlight 世紀の告発
カソリック神父の性犯罪を告発したボストングローブの記者を描いた実話です。

国境なき記者団の発表で日本の報道自由度は76位「問題ある」と記され、合点がいくことでは
あったが、目に見えないバリアで保護?された現状に気付かぬ一国民には、刺激ある記事でした。

敵を作りたくない人情から避けられる事件を白日に取り上げるのは、凄い勇気と圧力を撥ね退ける強さが6人の記者の団結力を造ったのでしょう。
カソリック神父の妻帯禁止はグレゴリウス改革で規定されたが、人間の自然本能を禁止することは
難しく、古今同じ事件が多くあり、神父への尊厳が軽減されていますが、弱き人間の性とうなずいてしまいます。
しかし幼い男の子を餌食にすることには,男の子の人生を破壊し信仰を失い、他人に不信を抱き、絶望から死を選ぶこともあり、悪魔の仕業で嫌悪します。
グレゴリウス改革についてはWikipedia をご覧ください。

e0017683_9175130.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-04-22 09:18 | 映画 |TOPに戻る
2016年 01月 17日
独裁者と小さな孫  The President
現在の国際情勢で、この映画は多くのことを考えさせられます。
原題はThe President です。??
独裁者はdictator 国の政治において一人の人物にあらゆる権力が集中していること
大統領はPresident 大統領制を採用する国家における、国家元首および政府の長をいう
とあります。

監督はイラン人のモフセン・マフマルバフ58歳です。
個人的体験と今も亡命生活を送る彼ならこその映画ですね。

悪政による悲惨な描写もさることながら、独裁者があらゆる手段で逃げ回りサバイバルには
なるほどと思いました。このような彼だからこそ独裁者になれたのでしょう。
どんな手を使っても生き残るという強い生命力が、孫の純真な言葉でくっきりと表現されます。

e0017683_15112979.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2016-01-17 15:12 | 映画 |TOPに戻る
2015年 11月 28日
黄金のアデーレ名画の帰還 Moman in Gold
ミケランジェロ・プロジェクトに続いて、再びナチに略奪された絵画の話です。
戦争勝利国の略奪はロシアも多くの作品を奪っていますが、ナチスの略奪は凄まじく、ユダヤ人の財産を奪い抹殺した犯罪は生々しい記憶です。

クリムトは絵画に黄金を使うことにより妖艶な魅力を増した肖像画が数点ありますが、「黄金のアデーレ」は最も評価の高い絵として、オーストリアのモナリザと言われていました。
オーストリア政府を訴訟し取り戻したこの絵はアデーレの姪マリアの住むアメリカの美術館に展示されています。

報道によれば、2006年6月、当時としては史上最高値の156億円(1億3500万ドル)で、エスティ・ローダー社に売却され、同年7月からニューヨークのノイエ・ガレリエに展示されていそうです。
e0017683_11424032.jpg

[PR]

# by akikohervy | 2015-11-28 11:42 | 映画 |TOPに戻る